どんな占いが一番当たるの?

どの占いや占い師が一番当たるのか?知っておきたいこと。 - 結局はどの占いが一番いいの?

結局はどの占いが一番いいの?

占いと言っても、手相占いや姓名判断など種類は様々です。
占い師の方にせっかく診断してもらうからには、ある程度の予備知識をつけて行った方が楽しめます。
今回は良く見かける人気の占いを解りやすくご紹介します。

四柱推命とは?

四柱推命とは、生まれた年、月、日、時の4つの柱で占いをします。
その人がこの世に生を受けた瞬間から、運命は先天的に決定し、その後の生き方により後天的な道のりが決まると言われています。
この方法の的中率は、数ある占いの中でも常にトップクラスです。
性格や結婚、仕事、金運、健康、男女の相性など様々なことが解ります。

風水とは?

dbgdqrhrs
風水とは、方角や地脈、陰陽などの気を捉え、そこで生死を迎えるすべてのものにより良い自然環境を与えようとするものです。
本来は住むべき土地選びの段階から取り入れることが望ましいです。
しかし既に家がある場合や賃貸マンションの場合でも、インテリアの中に風水を取り入れることで、気の良い流れを生み出し、風水から良い家に変えて行くことができるとされています。

手相占いとは?

手相占い当たるとは、手や指の形、手のひらに刻まれた様々な線から、その人の運命や性格を読み取るものです。
「左右どちらを見るの?」そんな疑問が最初に浮かびます。
これはその占い師の所属する流派によって異なります。
手相からは基本的な性格や生まれ持つ性質、短所・長所、運勢や人生のターニングポイントなど様々なものが読み取れます。

姓名診断とは?

姓名診断とは、姓名がその人間に対する運気と密接に関係していると考え、運勢を見て行くものです。
性格や適職、恋愛や健康など、姓名からはたくさんの判断ができます。
芸能人や企業などが開運を求めて改名することもしばしばあります。
これは日本におうて、姓名が運命に与える影響力が強く信じられているからです。

どの占いも不思議と結果が同じ

どの占いも試したことがありますが、ほぼ同じことを言われます。
おそらく手相も生年月日も、名前も風水も、どこかで結びつき今の自分が形成されている証拠なのかなと感じました。
色々と試してみるのも良いですが、占いに振り回されることはないように心掛けましょう。
占い師のもとに足を運び、占いをしてもらった経験がある、そんな方も多いと思います。
その際、あなたは占い師をどのように選びましたか?
同じ結論が見えていても、占い師によってアドバイスは異なってきます。
ここではそんな占い師の裏側に迫ります。

「優柔不断」と「優しい」は違います

例えば「受け身で決断は人任せ」このような性格診断が出ていたとします。
占い師によっては「優柔不断ってよく言われない?」そうハッキリと食い込んでくる方もいれば、「とっても優しい性格ね」そうやわらかく伝えてくれる方もいます。
占い師によって“伝え方”は大きく異なります。
占いで言われた言葉の一面だけを受け止めていたのでは、悩み事は解消しません。
ここでは占い師に多い2タイプを見て行きます。

一生懸命背中を押してくれる占い師

とにかく良いことばかりを並べてくれるこのタイプ。
「最近、全然良い事がない」
「今からだから安心して」
「いつもこういう風に行動してしまって失敗する」
「何言ってるの!それがあなたの良いところよ」
褒められているので、決して悪い気はしません。
しかし、占い後になんだか歯切れの悪いモヤモヤとした気持ちが残ります。

悪いことしか言わないけど最後に打開策をくれる占い師

手厳しくかなり振り切った診断をしてくれるのがこのタイプ。
「最近、全然良い事がない」
「そりゃそうよ。あなたが何も行動してないんだから」
「いつもこういう風に行動してしまって失敗する」
「直したいと思ってないでしょ?意志が弱いから直らないの」
バシバシと厳しい答えが飛んできますが、ここまで言われると逆に気持ちが良くなります。
最後には「こう行動したらいい」そう開運方法もしっかりと与えてくれます。

占いのセカンドオピニオン

私たちに性格の違いがあるように占い師にも性格があります。
同じ結論でも伝え方に大きな違いが出てきます。
本当に大事な決断に迫られている時は、一人ではなく最低二人の占い師に見てもらうことをオススメします。

Copyright(C)2015 どんな占いが一番当たるの? All Rights Reserved.